入院のご案内

入院手続き

入院が決まりましたら下記のものをお持ちになり、病院1階の受付窓口にて手続きをして下さい。

受付にお出しいただくもの

  • 健康保険証、介護保険証、お薬手帳
    入院当日、内容を確認させていただきます。
  • 減額認定証 限度額認定証
    収入に応じて医療費・食費の減額や負担限度額の認定が受けられる場合があります。ご加入の医療保険の管轄部署にお問い合わせください。
    《申請先》国民健康保険→市区町村役所   社会保険→勤務先の担当部署など
  • 労災保険書類
    労災保険をご利用の方は必要書類一式のご提出をお願いします。
  • 誓約書
    保証人2名(親族又は保護義務者、その他医療費を保証できる方)をご記入の上ご提出ください。
  • 入院保証金

    「保証金預り証」を発行いたしますので大切に保管して下さい。

    保証金は退院時にご精算いたします。
    健康保険使用の方⇒10万円
    労災保険・生活保護受給の方⇒不要

  • 退院証明書
    転院前の病院より発行されたものをご提出ください。
  • 診療情報提供書
  • サマリー(看護・リハビリ退院時要約)
  • お薬
  • レントゲン・検査データなど

※当院へ到着されましたら、患者様と一緒に病院1階受付窓口までお越しください。各書類の手続き完了後、看護師が病室までご案内させていただきます。車イスが必用な方は受付にお申し出ください。

携帯品

  • 印鑑
  • 衣類(リハビリ用)
  • 室内履き(リハビリ用)
  • 歯ブラシ・歯磨き粉
  • 買い物袋(ビニール袋)
  • 電動髭剃り(男性)
  • パジャマ5着以上
  • 下着・肌着5着以上
  • 靴下5足以上
  • バスタオル6枚以上
  • 各種タオル7枚以上(手拭き・洗体用)
  • ティッシュ
  • シャンプー
  • ボディーソープ
  • 洗濯物用バッグ2枚(紙袋以外)
  • プラスチックコップ2個(歯ブラシ用・病室用)
  • ペットボトル(お茶や水等)
~以下の物は患者様の状態によって必要となります~
  • 入れ歯用ケース
  • 介護生活着(つなぎ服)
  • 入れ歯用洗浄剤
  • 食事用エプロン2枚
  • 安全ベルト(車いす用)
  • 水吞み
  • クッション、座布団
  • ウェットタオル
  • 石鹸
  • 防水シーツ
その他、患者様が日常的に使用しているものがあれば職員に確認の上お持ちください。
持ち物には名前がしっかりわかるようにご記入お願いします。

入院中のお願い

  • プライバシー
    お互いのプライバシーを守っていただき、院内での政治・宗教活動、物品斡旋や勧誘などの営利活動を行わないようお願いいたします。
    原則、写真、ビデオ撮影は全館禁止となっていますのでご了承ください。
  • ネームバンド
    医療安全への取り組みの一環として、手首にネームバンドをさせていただきます。
  • 貴重品
    盗難防止のため多額の現金や預金通帳、貴重品はお持ち込みにならないでください。
    セーフティーボックスを使用する際は、必ず鍵をかけてください。
    紛失・盗難・破損などが起きた場合、当院では責任を負いかねますのでご了承ください。
  • 喫煙・飲酒
    全館禁煙・飲酒禁止となっております。また、持ち込みもお断りしております。
  • 間食
    食事からとる1日のカロリーを把握することは療養上必要となりますので召し上がった間食等は全てスタッフにご連絡ください。
    同室患者様の中には治療上、間食ができない方もおられますので、差し上げたりしないようご配慮をお願いします。
  • 駐車場
    入院されるご本人の駐車はご遠慮ください。また、駐車場内における事故・盗難については責任を負いかねますのでご了承ください。
  • 器物破損
    場合によっては、修理費等を請求させていただくことがあります。また、壁にピンやテープ、のり等のご使用はご遠慮ください。
  • 付き添い
    原則として付き添いの必要はありませんが、病状の変化により付き添いのご相談をする場合があります。

ご面会について

  • 面会時間は次の時間で定められています。
    8:30~20:00まで。土・日・祝日も同様です。
    急を要する場合など時間外でご面会を希望する際は、ご相談ください。
  • ご面会の際には1階受付にある面会記録票にご記入のうえ、「面会証」をお受け取りください。「面会証」は、お帰りの際に「1階受付」へご返却ください。義務教育学齢期および就学前のお子様は不要です。面会証を身に着けていない場合は、病院職員よりお声かけさせていただくこともありますのでご了承ください。※季節により、就学前のお子様の面会を制限させて頂く場合がございます。
  • 特別のことがない限り、上記面会時間以外は面会をお断りしておりますので、ご了承ください。
    (急を要する場合など時間外でご面会を希望する際は、事前にご連絡ください)
  • 大勢でのご面会は他の患者様の安静の妨げとなりますので、ご遠慮ください。

入院生活のご案内

食事

朝食 8:00  昼食 12:00  夕食 18:00

患者様の食事内容はお薬やアレルギーなどの事情により変更する場合があります。個々の患者様の嗜好で食事内容は変更することができませんのでご了承ください。

入浴【一般浴・機械浴】

患者様の体調や病状により異なりますが、医師の許可が出た方は原則として1週間に2~3回ございます。

浴槽内で座位が保てない方は機械を使って浴槽に入っていただきます。

お薬について

内服・外用・点眼等されていたお薬は、一旦すべてお預かりし、確認させていただきます。ご持参されたお薬のうち、主治医が必要と判断したものは、そのまま継続させていただきます。なお、持参薬がなくなりましたら、原則として当院よりお薬をお出しいたします。ただし、メーカーや薬剤名が異なる場合があります。また、必要に応じて、薬剤師よりご説明いたしますが、ご希望がありましたら遠慮なくスタッフまでお問い合わせください。当院入院中にかかりつけ医や他の病院などを受診したり、お薬をもらってくることのないようお願いします。必要時にはご相談させていただきます

消灯時間

21:00となっております。消灯後はテレビ・ラジオのご使用は極力お控えください。夜間は定期的に巡回を行いますが、ご用のある方はナースコールを押してください。

テレビ

ご利用の際にはテレビカードをご購入下さい。テレビカード販売機は2階と3階スタッフステーション前にあります。

冷蔵庫

冷蔵庫はテレビカードでご利用できます。ご使用になる際は、そのものごとに氏名・日付をご記入ください。氏名や日付のないものは整理させていただくことがありますのでご了承ください。

電話

携帯電話をご使用の際は、個室または1階待合ホール、エレベーターホール及び各階ラウンジでお願いいたします。21時の消灯以降のご使用はご遠慮ください。

公衆電話は、2階・3階病棟にあります。

洗濯

4階に硬貨専用の洗濯機・乾燥機がございます。ご自宅にお持ち帰りいただき、洗濯をしていただいても結構です。外部に委託することも可能ですので、病棟スタッフへお問い合わせください。

病衣

基本的に衣類は、日中使用するもの、寝巻として使用するもの、分けて持ってきていただきます。持ってきていただいた衣類が、足りなくなったときや汚れてしまったときには当院から病衣をお出しさせていただくことがありますのでご了承ください。

外出・外泊

外出・外泊は、在宅生活(退院)に向けた訓練目的の際に許可しております。なお外泊は1泊までとなっておりますのでご了承ください。外出・外泊の出院日、帰院日もリハビリは実施します。帰院日は16:00までにお戻りください。

※外出・外泊は必ず事前の申請が必要になります。

病室について ※個室をご希望の方は、お申し出ください。

病室出入り口のドア及び室内仕切り用のカーテンは、原則として日中は開けてください。

病状等により、お部屋の移動をお願いすることがありますのでご協力をお願いします。

病室内への電気製品の持ち込みは原則として禁止させていただきます。

歯科

歯科を希望の方は病棟スタッフへお問い合わせください。
出張サービスを受けることが可能です。
※別途料金を要します

理美容

散髪を希望の方は病棟スタッフへお問い合わせください。
出張サービスを受けることが可能です。
※別途料金を要します

個人情報について

医療安全を最優先するという観点から、患者様ご本人の確認の上下記の事柄について利用させていただきます。

病室の入り口の名札
ベッドネーム
与薬車の名札
点滴の名前表示
検査のための血液
食事の名札
尿の容器
ネームバンド
  • 原則として、電話の取次ぎはいたしません。病名・病状や病室番号、入院の有無など個人情報に関わるお問い合わせには応じられませんのでご了承ください。
  • 入院したことを他人に知られたくない方は、病棟職員にお申し出ください。
  • 個人情報の取り扱いにつきましては、院内にも掲示がございますのでご確認ください。

医療相談員のご案内

当院では入院や退院にあたっての心配事などについて専門の職員【医療ソーシャルワーカー】を配置しております。

私たち「医療ソーシャルワーカー【Medical Social Worker/医療相談員】」は社会福祉の専門家として、患者様に関わる経済的・社会的・心理的な悩みなどの相談を受け、面接などを通して問題解決のお手伝いをしています。また、地域の保健・医療・福祉機関と連絡をとりあい、社会復帰や在宅療養への準備などのお手伝いも行っています。これらのこと以外でもお気軽にご相談ください。

  • 誰に相談したらいいのかわからない
  • 医療費の支払いが不安
  • 入院中・退院後の事が不安
  • 介護保険などの制度を知りたい

1階受付窓口について

受付窓口時間は次の時間で定められています。
8:30~17:00まで。 ※日曜日の受付は行っておりません。

診療明細書についてご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

退院について

主治医より退院の許可がでた場合には、患者様、ご家族様などと話し合いの上、退院日を決めさせていただきます。なお、治療上当院での対応が困難な場合は、対応可能な病院に転院していただくことがあります。

~下記の場合には退院をお願いすることがあります。~
  • 入院案内に記載された内容を守っていただけない場合
  • 暴力・暴言など迷惑行為があった場合
  • 入院費の不払いがあった場合
  • 職員の指示に従っていただけない場合
  • 職員へのセクハラ行為があった場合

  • 退院日に会計の準備ができましたら病棟職員からご連絡いたします。「保証金預り証」をご持参の上、病院1階受付で精算してください。
  • 退院日が日曜日の方は、前日の土曜日に精算を済ませていただけますようお願いします。
  • 入院中や退院後、診断書や証明書が必要となった場合は病院1階の受付窓口にお申し出ください。作成まで1週間から2週間程度お時間をいただいております。なお診断書や証明書は作成料金がかかりますのでご了承ください。

退院後のサービス

当院関連施設では、退院されてからもリハビリや介護を必要とされる方に、様々な医療・介護サービスを提供させていただいております。
詳しくは医療相談員にお尋ねください。

ケアマネジャー
当院関連施設:白金整形外科クリニック、ベル市原
介護保険サービスを利用するためにはケアマネジャーとの契約が必要になります
訪問リハビリ
当院関連施設:白金整形外科病院
ご自宅にリハビリスタッフが伺い、ご自宅でリハビリをいたします。
※医師による診療が必要になります。
外来リハビリ
当院関連施設:白金整形外科病院・クリニック
リハビリ継続が必要な方に各種リハビリ機器を用いて対応いたします。
通所リハビリ【デイケア】
当院関連施設:白金整形外科クリニック、リハパークきくま
ご自宅に車でお迎えに伺いリハビリ・入浴・昼食・おやつの後、夕方ご自宅へお送りいたします。
通所介護【デイサービス】
当院関連施設:ピウ八幡、ベル市原
ご自宅に車でお迎えに伺い体操やレクリエーション・入浴・食事・おやつの後、夕方ご自宅へお送りいたします。
訪問介護
当院関連施設:白金整形外科クリニック
ホームヘルパーがご自宅に伺い入浴・排泄・食事等の身体介護や調理・洗濯・掃除などの生活援助を行います。
訪問看護
当院関連施設:白金整形外科クリニック
ご自宅に看護師が伺い療養上のお世話をさせていただきます。
介護老人保健施設
当院関連施設:リハパークきくま
入所してリハビリテーションを中心としたケアを行います。1日でも早く在宅復帰できることを目指します。
グループホーム
当院関連施設:ピウ八幡、あさひ五所
病気や障がいによって一般的な生活が困難な人たちを、専門のスタッフの支援によって一般の住宅で集団生活をします。

防災について

病院は防災について十分な管理を施しておりますのでご安心ください。万が一、避難が必要な場合は職員の指示に従い、避難をお願いします。当院は屋内階段と屋外階段があり、災害時の避難経路となっています。災害時は院内放送で状況報告及び避難指示をいたします。
※必ず避難経路図をご確認ください。

リハビリテーションについて

回復期リハビリテーション病棟とは

機能障害の改善、日常生活活動の向上、自宅復帰支援、介護負担軽減などを目標に集中的に各専門職がリハビリテーション医療を提供する病棟です。回復期リハビリテーションは、在宅や社会参加への橋渡しとなるものであり、患者の潜在能力を含めた評価、分析を行い、身体機能能力障害に対し、医師、看護師、看護補助者、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療相談員、薬剤師、管理栄養士などがチームとなってリハビリテーションを行います。

理学療法士
  1. 寝返り、起き上がり、座位などの基本動作から医学的リスクの判断を医師と共に行います。
  2. 患者の1日の生活リズムや日常生活動作から問題点を抽出し、直接訓練を実施します。
  3. 患者・家族から情報を収集し、他職種と情報交換を行い、より良い訓練を選択・実施します。
作業療法士
  1. 食事・排泄・更衣・入浴・整容動作などに知覚-運動を考慮した訓練を選択・実施します。
  2. 在宅復帰・職業復帰を視野に入れた総合的な訓練を実施します。
  3. 自立支援を目的として自助具や福祉機器を提案し、訓練に取り入れます。
言語聴覚士
  1. 聴く・話す・読む・書くなどの動作の問題点を抽出し、訓練を実施します。
  2. 摂食・嚥下(食物などの飲み込み)の問題点を抽出し、訓練を実施します。
  3. 知能、記憶、注意などの障害に対して、適切な訓練を実施し日常生活動作に反映させます。

回復期リハビリテーション病棟対象疾患と上限日数

  1. 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、脳神経叢損傷等の発症後若しくは手術後の状態
    (発症後又は手術後2か月以内に回復期リハビリテーション病棟に入院された方に限る)
    又は義肢装着訓練を要する状態
  2. 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節若しくは膝関節の骨折又は二肢以上の多発骨折の発症後又は手術後の状態
    (発症後又は手術後2か月以内に回復期リハビリテーション病棟に入院された方に限る)
  3. 外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後の状態
    (手術後又は発症後2か月以内に回復期リハビリテーション病棟に入院された方に限る)
  4. 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靭帯損傷後の状態
    (損傷後1か月以内に回復期リハビリテーション病棟入院料の算定が開始されたものに限る)
  5. 股関節又は膝関節の置換術後の状態
    (損傷後1か月以内に回復期リハビリテーション病棟入院料の算定が開始されたものに限る)
疾患 対象となる方 対象となる日数
1 脳血管疾患など 発症又は手術から2か月以内に回復期リハビリテーション病棟に入院された方 回復期リハビリテーション病棟入院日から150日以内
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷の場合 回復期リハビリテーション病棟入院日から180日以内
2 大腿骨・脊椎・膝関節などの骨折 発症又は手術から2か月以内に回復期リハビリテーション病棟に入院された方 回復期リハビリテーション病棟入院日から90日以内
3 外科手術や肺炎などによる廃用症候群 手術又は発症から2か月以内に回復期リハビリテーション病棟に入院された方 回復期リハビリテーション病棟入院日から90日以内
4 大腿骨・脊椎・膝関節などの神経・筋・靭帯損傷 損傷から1か月以内に回復期リハビリテーション病棟に入院された方 回復期リハビリテーション病棟入院日から60日以内
5 股関節・膝関節の置換術後 損傷から1か月以内に回復期リハビリテーション病棟に入院された方 回復期リハビリテーション病棟入院日から90日以内

入院費用について

☆年齢や世帯の所得収入などにより費用が変わります☆
ある程度の目安としての費用は以下の通りです。

医療費

【70才未満の方】
252,600円+α(区分ア) 167,400円+α(区分イ)
80,100円+α(区分ウ) 57,600円(区分エ) 35,400円(区分オ)

【70才以上の方】
57,600円(一般) 80,100円+α(高額所得者)
24,600円もしくは15,000円(住民税非課税)

※平成30年8月~高額所得者の場合、所得によって252,600円+α、
 167,400円+α、80,100円+αに変更となります
食費 460円/1食(1,380円/日)
※限度額適用認定証をお持ちの方は減額制度を利用できます
光熱水費 370円/日(※65歳以上の回復期リハ病棟入院の方のみ)
病衣レンタル 病衣が1日100円+消費税でレンタルできます。
医療費、食費の
自己負担目安
(1ヶ月)

【1割負担の方】約110,000円

【3割負担の方】約130,000円
 (この金額の目安は限度額認定を受けた区分ウの方の概算です)
■個室料金について
  • 個室は1日につき6,000円+消費税がかかります
  • 個室をご希望される方は事前にご連絡ください
■限度額適用認定証をお持ちの方は入院時に病院1階受付までご提出ください。
■70才未満の3割負担の方は、限度額適用認定証の提示があれば高額療養費分が事前に差し引かれるため、自己負担限度額までで済むようになります。

[限度額適用認定証の申請]
国民健康保険→市区町村役所/社会保険→社会保険組合など

☆1ヶ月に1度,健康保険証を病院受付にご提示をお願いいたします☆

お支払いについて

  • 毎月月末締めの翌月10日前後に請求書を病室のロッカーの連絡袋にお配りいたします。ご確認いただいた上、病院1階受付にてお支払いをお願いいたします。
    お支払いは7日以内にお願いいたします。
  • 入院費用のお支払い時に健康保険証をお持ちいただけますようよろしくお願いいたします。
  • 祝日も含めた月曜日~土曜日の8:30~17:00の間にお願いいたします。日曜日のみ受付業務をお休みさせていただいております。
  • お支払いは現金又は銀行振込みとなっております。振込み口座などの詳細や医療費について不明な点がございましたら,病院1階受付にお問い合わせください。
  • 領収書は医療費控除などの申請に必要となります。原則として再発行できませんので、大切に保管してください。

売店ピウからのお知らせ

☆以下はご希望によりレンタルや契約が可能です。(別途申込が必要です)☆

タオルのレンタル フェイスタオルとバスタオルが入浴ごとに1回200円+消費税でレンタルできます。
おしぼりレンタル 起床時の顔拭きタオルを1か月900円+消費税でレンタルできます。(入退院月と途中解約した場合は日割り計算となります)
洗濯契約 洗濯を業者に依頼できます。1か月5,400円+消費税です。(入退院月と途中解約した場合は日割り計算となります)

☆売店ピウでは、入院に必要な生活用品などを販売しております。☆

おむつ類

紙おむつ:170円   リハビリパンツ:180円
尿とりパット:60円   尿とりパットワイド:80円

(上記金額に+消費税がかかります。1枚あたりの金額となります。)
上記金額に+消費税がかかります。上記以外の商品も取り扱っております。
パートナーシューズ マスク(50枚)
転倒予防シューズ おしり拭き
フェイスタオル プラスチック手袋
(100枚)
バスタオル 食事用エプロン
水呑み イヤホン
防水シーツ 長袖・半袖前開き肌着
ボディーソープ 婦人用ショーツ
リンスインシャンプー 婦人用肌着
歯磨き粉 紳士用肌着
歯ブラシ トランクス
ウェットティッシュ アルコール綿
ティッシュ 介護生活着
コップ  

[お支払いについて]
  • 毎月月末締めの翌月10日前後に請求書を病室ロッカーの連絡袋にお配りいたします。ご確認いただき、売店ピウ窓口にてお支払いをお願いいたします。なおお支払いは7日以内にお願いいたします。
  • 祝日も含めた月曜日~土曜日の8:30~17:00の間にお願いいたします。日曜日のみ窓口業務をお休みさせていただいております。
  • お支払いは現金又は銀行振込みとなっております。振込み口座の詳細など、ご不明な点がございましたら、売店ピウにお問い合わせください。
  • 物品によっては医療費控除の対象になるものがあります。領収書は医療費控除などの申請に必要となります。原則として再発行できませんので、大切に保管してください。

施設・設備のご紹介

医療法人社団 白金会 介護老人保健施設 リハパークきくま

医療法人社団 白金会 介護老人保健施設 リハパークきくま